ごきげん引継ぎ劇場イメージ

新潟で200年続く老舗酒造メーカー:ごきげん酒造を受け継ぎ兄弟夫婦4人で守り守り繋いできた清酒【越のたけやす】は、古き善き新潟の味、幻の酒として知られる。しかしその経営状況は限界を迎えていた...

2020年夏、川岸中央区銀行の危機を救った中澤直樹。次に託された使命は「帝国タクシー」の再建だった。新潟県事業承継引継ぎ支援センターと協力しながら後継者を探し出し、見事帝国タクシーの再建に成功した。この物語はそれから1年後、新帝国タクシーとして生まれ変わった「今現在」の物語である。

金属加工メーカー【近藤金属】三代目社長:近藤丈鉄は、長引く不況と売り上げ低迷に頭を抱えていた。そんな折、社員【行貝くん】から画期的なプロジェクトの提案を受ける... 近藤金属の未来やいかに...

多くの弟子を抱えるベテラン工芸家:近藤丈千代は、自身の作品に限界を感じ引退を考えていた。弟子たちを守る術はないものか?工房の引継ぎ先を探していた。そこに現れたのは、意外な人物だった...

新潟県北の山間でひっそり営む老舗温泉宿「金堂」。4代目支配人、丈丸の入院をキッカケに、新潟県 事業承継 引継ぎ支援センターに相談し、東京で暮らす一人娘:寧々美に、この宿の未来を託すことを決めた。宿の経営を娘に継承するにあたり、新たな問題が発生する...

新潟県北の山間でひっそり営む老舗温泉宿「金堂」。将来、子孫へ渡すため、そして時代の変化に対応すべく、最新機器「スーパー判子ちゃんマシーン NEO」の導入を決めた。丈丸と、ひとり残された女将:カオルは、今後の宿の経営について考えを巡らせる...

手彫り専門店として、昔ながらの技術・製法にこだわり続けてきたシモマチの判子屋「近藤印章」の店主は、将来、子孫へ渡すため、そして時代の変化に対応すべく、最新機器「スーパー判子ちゃんマシーン NEO」の導入を決めた。近藤印章の未来やいかに...

城下町・しもまちの蕎麦屋「ごきげん亭」に足繫く通うコンさん。ある日いつものように店を訪ねると、ごきげん亭は店主の病により、休業に陥っていた。 後継者不在のごきげん亭、営業再開を願うコンさんは、店の女将と、新潟県事業引継ぎ支援センター郷氏を引き合わせ、後継者バンクで引継ぎ先探しをはじめていた...

時は江戸時代、蕎麦好きのコンさんは、いつものように町の老舗蕎麦屋「ごきげん亭」に天ぷら蕎麦を食べに行く。しかしごきげん亭の暖簾は下げられ、臨時休業の張り紙が貼られていた。蕎麦好きのコンさんは、ある行動に出た...

新潟島の下町「シモバレー」で、エコシステムを扱う会社「コンドー自然堂」を経営する青年マーティ・コンチャン・マクフライは、相棒で科学者:ドックンと20年後の未来にタイムスリップしてしまう。そこで目にしたのは、無法者の同級生:ビーフタネンが支配する腐敗した未来だった。そんな未来を変える方法を探すため、2人は新潟県事業引継ぎ支援センター郷氏の元を訪ねた。 郷氏のアドバイスを受け、「コンドー自然堂」の技術を承継する企業を探すためその10年前に向けてデロリアンに乗り込んだ。

新潟島の下町「シモバレー」で、エコシステムを扱う会社「コンドー自然堂」を経営する青年マーティ・コンチャン・マクフライは、相棒で科学者:ドックンが開発したタイムマシンで20年後の未来にタイムスリップしてしまう。コンチャン・マクフライが目にした未来とは...

IT企業の買収劇をめぐり、川岸中央銀行の危機を救った中沢直樹はその立役者として本店への復帰を果たした。 本社で中沢直樹に課せられた使命は帝国タクシーの再建。しかし家族経営の帝国タクシーは後継者不足に業績不振に悩んでいた。 中沢は新潟県事業引継ぎ支援センターの伊藤氏の力を借り、後継者を探すこととなった...

IT企業の買収劇をめぐり、川岸中央銀行の危機を救った中沢直樹はその立役者として本店への復帰を果たした。 中沢直樹を待っていたのはある企業の再建という大きな課題だった。

アウトドアメーカーを支えるジャック・コンドーと、ニーナ・ナメガイ ジャックが開発している新商品の情報がライバル会社に流れていることが発覚。 不信に思ったジャックは会社を飛び出し、事業の立ち上げを決意する。 ジャックはニーナの推薦で「信頼できる男」のもとを訪ねるのであった...   >>音源はこちらから...

アウトドアメーカーを支えるジャック・コンドーと、ニーナ・ナメガイ ジャックが発案した新商品を廻り、ふたりは企業の陰謀に巻き込まれてゆく。 2人の運命やいかに。   >>音源はこちらから...

星のウォーズ エピソード2 新しい希望 星山社長の率いる星山運送にとってまさに試練の時だった。 運送業への需要が高まる中、依頼をすべて受けるのにも限界が来ていた。 そんな中、幼馴染でライバル関係にあった星名社長の率いる星名運輸は、 ドローンを使った運送システムの開発に着手していた。 一方、星山運送は、優秀な人材を獲得することでの事業拡大を目指し、 新潟県事業引継ぎ支援センターへ相談...

星のウォーズ エピソード1 ドローンの逆襲 時は昭和から平成。そして令和へと目まぐるしく時代が変わる中、 星山歩と星名平太は、同じ町に生まれ、お互いにライバルとして切磋琢磨しあう仲だった。 成長した2人は、時を同じくしてそれぞれが別の運送会社、星山運送と星名運輸を設立したのだった。 そしてある時、星山運送は、星名運輸が新しいシステムを導入する情報を手に入れた。 星山たちは、この最新鋭...

建設会社ごきげん工務店3代目社長、近田一はじめ。 彼は祖父が作ったこの会社を引き継ぎ、大事に守ってきた。 しかし彼には子供がおらず、跡継ぎ問題が浮上していた。 引継相手は見つかるのだろうか。   >>音源はこちらから ...

建設会社ごきげん工務店3代目社長、近田一はじめ。 彼は祖父が作ったこの会社を引き継ぎ、大事に守ってきた。 しかし彼には子供がおらず、跡継ぎ問題が浮上していた。 引継相手は見つかるのだろうか。   >>音源はこちらから ...

新潟県某所『ベーカリー米田』。 ここは店主の米田亮一が営むパン屋。 見た目の可愛さが受け、この店のパンは地元で人気にパン屋になっていた。 しかし彼は、義理の娘 美樹が東京の大学へ進学したことを機に、 この店を誰かに引継ぎ、そして夢であったデザイナーになる事を考えていた。   >>音源はこちらから ...

新潟県某所『ベーカリー米田』。 ここは店主の米田亮一が営むパン屋。 見た目の可愛さが受け、どのパンも好評である。 店主の米田には高校生の1人娘がいる。娘の名前は美樹。 10年前に妻をなくしてから男手一つで彼女を育てた。 しかし二人は、実の親子ではない。   >>音源はこちらから ...

時は、令和 元年、日本全国で多くの起業家たちが、野心を抱いていた。 近藤丈靖という男もまた、己の野望のため、そして明るい未来の為に、 株式会社 ごきげん隊をここ新潟で立ち上げ邁進していた、 その一歩として彼は、県外進出を進めるべく、 新潟県事業引継ぎ支援センターの力を借りるのであった。   >>音源はこちらから ...

時は、令和 元年、日本全国で多くの起業家たちが、野心を抱いていた。 そしてここ新潟にも1人、己の野望のため、そして明るい未来の為に、 株式会社 ごきげん隊を立ち上げ邁進する、男がいた。 彼の名は、近藤丈靖。   >>音源はこちらから ...

近藤社長が創業した笹団子製造販売会社「近藤屋」 いろんな味のアンを入れた笹団子が話題になり、お店は大繁盛。 しかし、彼は自身の怪我を理由に、進退を考えだしていた。   >>音源はこちらから ...

近藤社長が創業した笹団子屋 いろんな味のアンを入れた笹団子が話題になり、お店は繁盛しています。 しかしこの会社にも少し、暗雲が立ち込めてきそうな気配です。   >>音源はこちらから ...

新潟県某所にあるラーメン屋『タケヤス飯店』。 ここは、店主・近藤のつくる味わい深いチャーハンが話題を呼び、 食通のお客からも愛される、知る人ぞ知る名料理店である。   しかしそんな『タケヤス飯店』にはある問題が発生しようとしていた。 それは『跡継ぎ問題』である。 このドラマは、事業の継続という問題に直面した『タケヤス飯店』と その店長・近藤が、新潟県事業引き継ぎ支援セン...

新潟県某所にあるラーメン屋『タケヤス飯店』。 ここは、店主・近藤のつくる味わい深いチャーハンが話題を呼び、 食通のお客からも愛される、知る人ぞ知る名料理店である。   しかしそんな『タケヤス飯店』にはある問題が発生しようとしていた。 それは『跡継ぎ問題』である。 このドラマは、事業の継続という問題に直面した『タケヤス飯店』と その店長・近藤が、新潟県事業引き継ぎ支援セン...

この物語は、新潟県内某所にある建設会社 「ごきげん建設」に集まった人々の、 ある想いから生まれた、愛と引継ぎの、人間ドラマである。   >>音源はこちらから ...

この物語は、新潟県内某所にある建設会社 「ごきげん建設」に集まった人々の、 ある想いから生まれた、愛と引継ぎの、人間ドラマである。   >>音源はこちらから ...

あなたは事業引き継ぎ支援センターという存在をご存じだろうか? なんでも、人々の悩みを解決するべく、日々活動しているんだそうです。   ただ、彼らが解決する悩みは、普通の悩みではないのです。 じゃあどんな悩みなのかって?それはこれから始まる物語のなかで。   新潟県某所にある自動車整備会社 「タケヤスオートサービス」 ここにも、ある悩みを持った経営者がいるようで...

あなたは事業引き継ぎ支援センターという存在をご存じだろうか? なんでも、人々の悩みを解決するべく、日々活動しているんだそうです。   ただ、彼らが解決する悩みは、普通の悩みではないのです。 じゃあどんな悩みなのかって?それはこれから始まる物語のなかで。   新潟県某所にある自動車整備会社 「タケヤスオートサービス」 ここにも、ある悩みを持った経営者がいるようで...